導入が増えています|増加する犯罪を未然に防ぐため:防犯カメラで証拠を録画しよう
メンズ

増加する犯罪を未然に防ぐため:防犯カメラで証拠を録画しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

導入が増えています

家

お年寄りの見守りにも

監視カメラは、防犯目的であれば防犯カメラ、災害を防ぐ目的であれば防災カメラなどとも言われます。監視カメラは、商店街や店先、銀行などに多く設置してありますが、個人宅への設置も増えています。個人宅への設置では、監視カメラとしての目的と、防犯カメラとしての目的に分けられます。監視カメラとしては、家の中で、誰かが侵入する可能性のあるルートに設置することにより、不審者の侵入を監視することができます。また、防犯面だけではなく、お年寄りの見守りという面でも導入される方が増えています。頻繁に家に様子を見に行けない方は、プライバシーに配慮しながらも、安全を確認するために設置されるケースです。この場合は、ネットワークカメラが必要になります。

カメラの種類も豊富

ネットワークカメラは、離れたところからでも確認することができます。見守り以外にも、防犯目的で自宅の監視カメラの映像を、出先にいながら確認することも可能です。また、防犯目的であれば、抑止効果も見逃せません。多くの方の目につきやすい場所に設置して、防犯意識の高さを対外的にアピールするのです。犯罪を考えている人は、わざわざそのような危険なところには近づかないため、抑止効果が高いです。監視カメラは、設置するカメラの種類や映像の鮮明さも重要になります。目的に合わせて選択することになりますが、基本的に鮮明な映像を撮影できるものほど金額は高くなります。専門業者と相談しながら、機種や設置場所を決められることをおすすめします。